マカロン

森本シェフ、自慢の逸品はマカロン!

写真:森本シェフ

 

 

 

 

 

 

  • パリでの出会い

    今から30年前、私がケーキを勉強するためにフランスに行きました。そして、パリにあるお洒落なフランス菓子屋Laduréeで、マカロンに出会いました。

  • 本場のマカロン

    初めて本場のマカロンを口にした時、私に衝撃が走りました。日本でもマカロンを食べていましたが、本場のマカロンとの違いを感じ、自分でも作ってみたいと思うきっかけになりました。

  • 理想のマカロンを追い続け

    それから世界に通用するマカロンを作るため、常に素材と向き合い、配合費、焼き加減を調整しながら美味しさに磨きをかけています。 そしてマカロンの魅力を伝えるために、一切の妥協も許さずに今も作り続けています。

マカロンは、ミモザの看板商品になります。アーモンドにこだわった生地とフレーバーを一切使用せず作ったガナッシュクリームをサンドしたミモザオリジナルのマカロンです。一つからでも、お買い求めが出来ますので、是非お試しください。

マカロン

アーモンドにこだわった生地とフレーバーを一切使用せず作ったガナッシュクリームを
サンドしたミモザオリジナルのマカロンです。

  • マカロン ピスタチオ

  • マカロン オレンジ

  • マカロン カシス

  • マカロン マンゴー

  • マカロン ラズベリー

  • マカロン レモン

  • マカロン 紅茶

  • マカロン 抹茶

  • マカロン いちご

  • マカロン チョコレート

こちらは、オレンジのマカロンを作る工程です

  1.  

    マカロンは生地作りがとても大切です。メレンゲを合わせます。

  2.  

    メレンゲを合わせて生地の完成

  3.  

    このように艶やかになったら、マカロン生地の完成です

  4.  

    天板に生地を絞っていきます。マカロンは、2つの生地を合わせて使うので、大きさを揃えていきます。

  5.  

    角を出さないように絞ることがポイントです。

  6.  

    天板にマカロン生地を絞ったら、素早く気泡を整えていきます。気泡を整えることで、綺麗に焼き上がります。

  7.  

  8.  

    ここからマカロン専用にコンベクションオーブンに入れて焼き上げていきます。
    ミモザでは、フランス製のマカロン専用オーブンを使用してます。

  9.  

    しばらくすると、マカロンにピエ(マカロンの足)が出て、ふっくらと焼きあがっていきます。
    最高の焼き上がりに!

  10.  

    生地から、はみ出さないようにガナッシュを丁寧に絞っていきます。

  11. 生地が乾燥しないように手早くサンドし完成となります。

     

facebook instagram